HP制作会社からよい提案を引き出すコツ

会津・喜多方のHP制作会社 NOGUCHI KIKAKU です。
いつもホームページをご覧頂きましてありがとうございます。

ホームページを作るにあたってHP制作会社からの提案を受けたはいいが、どうもピンとこない…。ということはございませんか?

HP制作会社からの提案は、その先のプロジェクトの成否を決めるぐらい大切なものです。
ただでさえわかりにくいことが多いのに、自分のイメージに合った提案が出てこない、見積もりが腑に落ちない…となると困ってしまいますね。なぜこんなことが起きるのでしょうか?

実はこの背景には大きく2つの理由がありました。
これらのチェックポイントを押さえることで、HP制作会社からの提案がよりフィットするものになるはずです。

ポイント1:HP制作会社のヒアリングスキル

サイト制作の依頼を受けたHP制作会社が最初に取りかかるのが、クライアントへの「ヒアリング」です。

ヒアリングする内容は「作業・提案範囲」「プロジェクトの内容」「背景や競合」「目的」「ターゲット」「プロジェクトのゴール」「スケジュール」「予算」など多岐にわたります。実際の制作に入る前にこれらひとつひとつの項目において認識をあわせる必要があるからです。

提案や見積もりのクオリティを大きく左右するのが、このヒアリングの出来不出来。事前準備がしっかりできていたり、要望をしっかりと汲み取るヒアリングをしてくれるHP制作会社なら、まず間違いなくいい内容の提案をしてくれるはず。しかしその逆の場合、こちらの気持ちに「刺さらない」提案になりがちです。

またヒアリングの内容を文書で残しているか、いないかも重要。口頭のみのやりとりでは制作にかかる日数や納品日時、料金など細かな数字の面で双方の認識にズレが生まれてしまいがち。いわゆる「言った、言わない」という問題につながりかねません。

HP制作会社のヒアリング能力。これがのちの提案や見積もりに影響を及ぼすひとつのチェックポイントです。

実は依頼する側にも問題が潜んでいる?

で、あればヒアリング能力の高さを基準にHP制作会社を選べば間違いないということになりますが…。実は発注するクライアント側に問題があるというケースも。HP制作会社は基本的に顧客のニーズを可能な限り拾い上げ、それを形にしようとします。しかしこの時点でクライアントからの要望や要求がぼんやりしていたり、ハッキリ固まっていない場合、HP制作会社が相手のニーズを正確につかみきれないのは当然のことです。

ポイント2:やりたいことや目的をハッキリさせる

やりたいことや目指すべきゴールが明確であれば、それに対してピンポイントで企画提案があがってくるため判断に迷うこともありません。見積もりも納得度の高いものになるでしょう。しかしニーズが曖昧なままだと、HP制作会社側からの提案を受けても良し悪しが判断しにくくなります。

どのようなサイトでも目的があるものです。集客をして売上アップさせるのか、企業のイメージアップなのか、ユーザーが欲しい情報を提供することなのか…ところがここがぼんやりしたままプロジェクトをスタートさせてしまうと途中から「アレも入れたい」「せっかくだからこれも」と、どんどん要望がふくらんでしまいがち。制作会社への依頼にもブレが生じていき、気づけばWEBサイトを制作することが「目的」になっていた、というケースに陥ることも。

曖昧なニーズ、不明確な目的、ぼんやりしたゴール。発注をかける企業側で本来、整理されているはずの「やりたいこと」「要望」がまとめきれていないという問題が、HP制作会社からの提案をモヤモヤしたものにしてしまうのです。

WEBコンサルティングを上手に活用

こうならないためにも、まず最初に自分たちの会社がWEBサイトで何をしたいのか、ターゲットは誰なのか、どうなることが最終ゴールなのかをきちんと固めておくことをオススメします。

とはいえWEBについての知識がなく、どんなことができるのかもわからないので、なかなか考えがまとまらないという声が多いのも事実。そんな時はWEBサイトのコンサルティングが強い会社に相談してみるというやり方もあります。ニーズの洗い出しやゴールの設定、目指すべき方向性の設定などはコンサルティングに強みを持つHP制作会社の得意領域です。

専門家の意見をもとに要望や期待する効果をまとめた後にヒアリングを受ければ、HP制作会社側も質の高い提案内容を仕上げられるでしょう。また、あらかじめゴールが明確なプロジェクトであれば、途中でブレることなくスムーズに制作が進んでいきます。

知識や経験がなく、社内でディスカッションしようにもどこから手をつけたらいいかわからない…そんな時こそWEBの専門家の出番です。はじめの一歩に迷うなら、まずは無料相談から始めるのもひとつです。